メルマガ購読・解除
 
RECOMMEND
バナナフィッシュ(2)
バナナフィッシュ(2) (JUGEMレビュー »)
井上和彦,アクション百田,古澤徹,松本保典,ラジオ・サントラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

BANANA DREAM

少女漫画BANANAFISHの二次創作ブログです。アッシュと英二の幸せな日常話を中心に、バナナフィッシュのキャラクター達とのギャグ・パロディ創作小説を掲載しています。
ブログの最新記事をメールでお届けします!

最新の記事をメールマガジン形式でいち早く配信しています。
ブログにはない、おすすめ情報やためになる情報もお届けしています。
よろしければ、登録してみてください。
<< バナナフィッシュのキャラで遊んでみました・1 | main | もしもアッシュと英二の体が入れ替わったら・2 >>
もしもアッシュと英二の心と体が入れ替わったら・1
0

    もしもアッシュと英二の心と体が入れ替わったら、お互いにどう思うでしょうか?
    昔の漫画やドラマでよくあるネタですね。


    お互いに色々な発見・気づきがあると思います。良くも悪くも・・・。
    どういう方向に話が進むのか自分でも分かりませんが・・・。

    今回はバナナフィッシュ13巻で、アッシュが戸棚の上段から銃を
    取り出して、伊部さんが「いつもそこへ銃を?」と聞いて アッシュが
    「(英二は)背が届かないからな」と答えるシーンをネタに使いました。
       ▼▼

    このシリーズ、最後まで書けるか心配ですが・・・(笑)

    ※以下、夢妄想です。
      ファンタジーだと思って、お許し下さい・・・。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    【アッシュと英二の心と体が入れ替わったら・1】

    その日、英二は前から気になっていた場所を調べるつもりだった。


    英二はアッシュが書斎で読書をしているのを確認する。


      英二「アッシュ、コーヒーを持ってきたよ。」


    アッシュ「あぁ・・・。」


    アッシュにコーヒーを渡し、いそいそと部屋を離れた。
    そして脱衣洗面所に向かった。


      英二「絶対にあの場所に何か隠している・・・」


    洗面所にある戸棚は、小柄な英二では背が届かない場所がある。
    数日前、戸棚をハタキで掃除しようとした際、アッシュが慌てて
    それを阻止したのだ。


      英二「怪しい・・・
         僕に言えないようなモノでもあるのかな?」


    英二はお隣さんから脚立を借りてきたのだ。今、アッシュは書斎で
    本を読んでいるから当分こっちに近づかないだろう。


      英二「よーし、何があるのか調べてやる。」





    アッシュはコーヒーを飲んでいた。先ほどいそいそと書斎から離れた
    英二の様子が気になった。


    アッシュ「何か怪しいぞ、まさかあいつ・・・。」


    アッシュは急いで洗面所に向かう。戸棚には銃が置いてある。
    英二に銃を発見されたくなかった。


    アッシュが洗面所に入ると、まさに英二が脚立に上って戸棚に手を
    伸ばそうとしていた。


    アッシュ「英二!何やってんだ!」


      英二「え、アッシュ!?」


    うろたえた英二はバランスを崩し、脚立ごと倒れそうになる。
    アッシュは英二を助けようと英二の元に駆けつける。


    その時、アッシュと英二の体が思いっきりぶつかった。
    その勢いで二人ともその場に倒れ込む。


    ようやく起き上ったアッシュが英二に声をかける。
    アッシュ「いってーよ。英二、お前大丈夫か!?」


    だが、アッシュの目の前にいるのはアッシュ自身だった。
    アッシュ「え・・・何で俺がいるんだ?」


    そして英二もようやく起き上ってアッシュに声をかける。
      英二「アイタタタ・・・アッシュ、大丈夫?」


    だが、英二の目の前にいるのは英二自身だった。
      英二「え・・・何で僕がいるの?」


    二人は顔を見合わせて、鏡を見て驚く。
    アッシュ・英二「ええええええええええええ!!」


    何と、アッシュと英二の心と体が入れ替わったのだ。

    アッシュ・英二 「体が入れ替わった!」


    <続>


    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    もし楽しんで頂いたのなら、下の拍手ボタンを押していただけると
    励みになるので嬉しいです★一言メッセージもどうぞ★
    | 夢妄想・シリーズ編 | 16:00 | - | trackbacks(0) | - | - |
    http://love-banana-ae.otonagami.com/trackback/44